外壁

強く、永く、美しく、住まいの安心を
外からしっかりガードする、壁のリフォーム。

ポリマーシリーズは、通気性・防水性・耐久性がちがう、
永住仕様のリフォーム塗装材です。

一般の塗装

外壁の劣化や老朽化は、雨水の浸透が大きな原因。一般の塗装は塗膜が薄く、外壁の保護能力が疑問視されています。また、一般的な塗装は紫外線や酸性雨などの影響を受けやすく、外壁の劣化を早めてしまう結果につながりかねません。

ポリマー工法

ポリマー工法の特長は、まず「塗膜防水」。外壁を覆う塗膜に強力な防水性と耐候性を与え、外壁そのものの耐久性を大幅にアップします。また、ポリマーシリーズは『強力な密着性』『下地の変型に対応する弾力性』『高温多湿な日本の気候風土に適した透湿性』など、すぐれた特質をいくつも兼ね備えた、ハイテク高性能工法なのです。

分子レベルの技術で、ますます進化した新品質。

従来品

ポリマー(粒)が大きく、その大きさにもバラつきがあるため、図のように空気や水蒸気を通す「すき間」が少なくなっていました。

ポリマーライト

ポリマーライトは図のように粒が小さく、大きさも均一。このため、通気性や透湿性が飛躍的に向上すると同時に、強力な防水性と耐久性も実現しました。

「塗る技術」も、ちがうのです。
ポリマー工法は、二重・三重の工程だから、安心、正解。

太洋技建独自のポリマー工法のヒミツは、下塗りにあります。壁本体に直接塗布する下地剤は、雨水の浸透を防ぐ防水性と同時に、上塗り塗料との密着性が重要。ポリマーシリーズの下地材は密着性が格段に高く、一度塗布するとはがれにくい性質を持っており、上塗り塗料との相性も抜群です。下塗りをきちんと行うポリマー工法だから、外壁の防水性や耐久性をより高めることができるのです。

当社の誇る商品ラインナップ

下塗り剤

ニューポリマーライト 風化が激しく脆く・弱くなった外壁下地に。
ポリマーライトプロテクト モルタル壁などでヘアクラックや割れが心配な外壁に。
ポリマーサイディング 窯業系サイディング専用で蓄熱現象の著しい外壁下地剤です。
ポリマーメタルガード 金属系の外壁にサビ止め効果のある外壁下地剤です。

仕上げ剤(中・上塗り剤)

ポリマーアートウォールSIDX シリコン樹脂特性のシロキサン結合により高耐候性を発揮。
スーパーポリマーフッ素 JIS規格耐候形1種の規格をはるかに超える超耐候性です。
ポリマーアートウォールDXⅡ 超耐候性と超低汚染性をかねそなえた最先端塗料です。

壁の塗装

●紫外線・雨風・地震などの天災から家を守る、強い家造り。

壁は材質によって傷み方が違います。太洋技建はそれぞれの材質に合ったオーダーメイドのプランを
ご提案いたします。

モルタル壁

●戦後消防法の施工に伴い全国的に普及し、耐火  性に優れています。
●施工後約30年位をかけて乾燥収縮を続け、細か いヘアークラック(ひび割れ)が発生します。

傷みの特徴

モルタル壁

ALCパネル

コンクリートパネルの中に無数の小さな気泡がある軽石のような構造が特徴で、軽量で火災に強いため木造住宅等にも多く使われています。

傷みの特徴

RC・PCパネル

パネルをボルトで接合する工法のため、コーキング目地から雨漏りが発生すると、ボルトが濡れて錆びる恐れがあります。

傷みの特徴

サイディング壁(窯業系・タイル調)

●セメント繊維を加圧成形して作られています。
●施工が簡単で工期が短縮できます。
●塗装は現地施工より、工場塗装製品な為、塗膜 は薄い。
●密閉性に優れています。

傷みの特徴

サイディングパネル(金属系)

非常に薄い金属板を折り曲げて作成するので傷みが発生すると驚くほど脆い建材です。

傷みの特徴

リフォーム実例はこちらから

ページの先頭へ

人材募集